ロックストロのThe Flute

第三巻 - フルート演奏の芸術 -


目次

第十六章 音楽の学習並びにフルートの選び方や扱い方
689. 音楽の学習
690-700. フルートという楽器における適正
701. フルート演奏における主な美点
702-703. フルートの選択
704-706. フルートの管理
707. キーやその他メカニズムの洗浄
708. メカニズムの修理
709. 各ジョイントの組み立て

第十七章 フルーティストの姿勢、フルートの構え方並びに指の動かし方など
710-711. 身体と頭の位置
712-714. フルートの支え方
715. 歌口を内に向ける事の正当性
716. 右手親指の先をフルートの側部にあてがう事の正当性
717. フルートの構え位置
718. 左手の腕と指の位置
719. 右手の腕と指の位置
720. 指の動かし方
721-722. 構え位置について一般的にいわれている事

第十八章 音を出すにあたって、簡単なアーティキュレーション、音の品質など
723-725. フルートへの唇のあて方
726-734. 唇と下顎の操作
735-736. 音の創出
737-744. アーティキュレーションにおけるタンギングの使用及び悪用
745-750. 低音域の1オクターブ、一点Cから二点C#までの音の出し方
751. 中音域の二音、二点Dと二点D#の出し方
752-757. 中音域の残り、二点Eから三点Cまでの出し方
758. 高音域の二音、三点C#と三点Dの出し方
759-761. 高音域の残り、三点D#から上の音の出し方
762-768. 音程、イントネーション
769-778. フルートの音色
779-780. レガートの奏法

第十九章 運指について
781-782. 運指についての一般的な記述
783-784. 8キーフルートの運指
785. ”オールドフルート”に時々見られる11の追加キーの使用
786. シッカーマフルートを含む無銘の”オールドフルート”に適した運指
787-788. フルートにおけるハーモニクス
789-790. カルテ氏の1867フルートの運指
791-795. ロックストロモデルを含むベーム式(ロックストロ曰く「正しくはゴードン式」)の運指
796. ロックストロモデルに見られる高く引き上げられたC#孔のチムニーの利点

第二十章 テンポ、アクセント、強調、フレージング及び息継ぎ
797-802. テンポ
803-809. 音楽的なアクセント
810. 強調
811. アクセントと強調の比較
812-813. フレージング
814-815. 息継ぎ
816. 良い息継ぎの例

第二十章 様々なアーティキュレーション、華麗な演奏、初見演奏、演奏スタイル
817-824. アーティキュレーション
825-827. 華麗な演奏法を身につける方法
828. 初見演奏
829. 演奏のスタイル



第三巻終わり
______

第四巻に続く






boehmflute.com